定年しても元気で働きたいイマドキの高齢者の働き方

定年しても元気で働きたいイマドキの高齢者の働き方

老後2000万円問題なども受けて、60代・70代でも仕事探しをされている方は多いことでしょう。実際、シニア求人を取り上げているサイトがよく見られるようになりましたし、働き方改革の一環として高齢者バイトを募集しているところもあります。今回はイマドキの高齢者の働き方を探ります。

定年後も働きたい?

平均寿命が延び、元気な高齢者が増えました。元気で長生きは素晴らしいことですが、老後2000万円などと問題になるように、長生きになれば長生きのリスクもあります。公的年金だけでは余裕のある暮らしは難しく、特に自営業の場合は国民年金のみですので、毎月約6万5千円ほどしかありません。そうなるとそれまでの貯えを取り崩していくわけですが、長生きすればするほど必要な貯蓄額は当然増えてしまうのです。

内閣府の調査では、収入のある仕事をしたいのはいつまでかという問いに対して、会社勤めをしているひとでは70歳くらいまで、自営業などでは働けるうちはいつまでも、という答えの割合が高くなりました。
定年は60歳が一般的だった時代に比べ、今は60代70代でもまだまだ元気で働けるひとがたくさんいらっしゃいますから、収入を得たいという思いのみならず、社会的な関わりを持ち続けたい、生きがいややりがいを得たい、という意味からも仕事を続ける高齢者が増えています。

仕事探しをするには?

高年齢者雇用安定法では、企業は希望するひとすべて65歳まで雇うよう義務付けられています。ですので、それまでは勤めていた会社に希望すれば仕事を続けられるでしょう。また、定年制廃止をする企業も増えていますから、自営業と同じく働けるうちはいつまでも、が可能になってくるかもしれません。
65歳を過ぎてから、もしくは同じ会社で仕事を続けるつもりがない場合は、シニア求人や高齢者バイトをあたって仕事探しをすることになるでしょう。60代70代になったからといって、仕事探しの方法が大きく変わるわけではなく、若いときと同じくハローワークを利用したり求人サイトを利用します。最近ではシニア求人に特化したコーナーもありますので、探しやすくなっているようです。

どんなスタイルで働きたい?

働き方改革ということで、ワークライフバランスのとれた、仕事とプライベートどちらも充実した毎日となるような働き方が求められています。
日々の生活費のためにやむを得ず働き続けるという場合もありますが、最低限の生活プラスαの日々の楽しみも得るため、例えば孫に会ったときに何かしてあげたいな、などという理由で働く場合、もしくは自分のやりがいやハリのある生活のため、という意味合いが強い場合は、働き方も少しこだわって仕事探しをしたいですね。
やはりいくら元気とはいえ、60代70代ともなればどうしても無理はきかなくなってくるものです。体を壊しては元も子もありませんから、あくまで自分のペースで元気に働けるスタイルを自分で検討しましょう。優先するポイント、譲れないポイントを絞って仕事探しをします。

働き方は多様化している

一般に募集されている高齢者バイトは、短時間OKや週1からOKなど、時間的に融通がきくものが多いようです。
何か特別な資格やスキルのある高齢者であれば、そのジャンルでのシニア求人を探すのが早いでしょう。ブランクの長い場合もOKというシニア求人もあります。
何も強みがないという専業主婦の方も、主婦業というスキルを活かして、お部屋清掃や育児サポート、家事手伝いなどもあります。
また、最近はパソコンとネット環境さえあればどこでもいつでも仕事ができるという職種もあります。特に会社に雇われなくても、クラウドソーシングサービスを利用して、ネット上で仕事を受注することも可能です。この方法であれば、例えば悪天候の中苦労して職場まで行く必要もなく、家の中でも仕事ができます。イマドキの働き方は多様化しているのです。

シルバー人材センターの利用も

原則、市町村単位で設置されているシルバー人材センターを利用するのもいいでしょう。全国シルバー人材センター事業協会のサイトでは以下のように記述されています。

シルバー人材センター(センター)とは、高年齢者が働くことを通じて生きがいを得ると共に、 地域社会の活性化に貢献する組織です。

参照元:全国シルバー人材センター事業協会(http://www.zsjc.or.jp/)

そのため、収入を得ることよりも生きがいを得るための就業が目的で、ボランティアなどの社会参加の色合いが濃くなりますが、 利用を検討してみてはいかがでしょうか?

元気で楽しく働こう

老後の不安は誰でもあるでしょう。自分のスタイルに合った、元気で楽しく働ける仕事が見つかるといいですね。

仕事カテゴリの最新記事