免許返納が難しい高齢者に。安全装置以外の事故対策とは

免許返納が難しい高齢者に。安全装置以外の事故対策とは

高齢者が起こす事故が多発し、社会問題化しています。どうしたらこのような事故をなくせるのでしょう。このような事故を減らすために高齢者は運転免許を自主返納すべきという声がある一方で、高齢ドライバー用の安全装置もいろいろと考案されているようですが、実はその他にも事故を防ぐ方法があるのです!

この記事を読めば、免許の返納が難しい高齢ドライバーによる不幸な事故を防ぐための方法と現状が分かります!

増え続ける高齢者ドライバーの事故

2019年は、高齢者ドライバーが、ブレーキとアクセルを踏み間違えて車を暴走させた、あるいは高速道路で進入方向を間違えて逆走した、というニュースが、連日大きく報道されていました。

この状況を受けて、免許返納を強く呼びかけたり、更新の際に認知症などを厳しくチェックするという動きも出ています。しかし、実際には高齢者ドライバーの事故はなかなか思うように減っていないのも事実です。

核家族化が進み、一人暮らしの高齢者も増え、代わりに運転してくれる家族などがいないなどの理由もあり、自分たちで運転しないと思うように外出もままならないという状況では免許返納も踏み切れない厳しい現実があります。

また、運転を続けることで自分はまだまだ衰えていないと考える人や、運転することが楽しみで張り合いを感じているという人もいるようです。そういう人たちから無理に免許を取り上げることで精神的に追い詰めてしまう、という恐れもあります。

このような理由で、事故のニュースに心を痛め、免許を返納した方がいいと頭では分かっていても、返納できない…と悩んでいる高齢者ドライバーはかなり多いことでしょう。

安全装置だけじゃない!高齢者ドライバーの事故を防ぐ新たな方法

私にも80代の両親がいますが、遠方に住んでいて一緒に暮らしておらず、外出時は老いた父が母を車に乗せて病院や買い物に出かけています。

近くに出掛ける時には車ではなく自転車に乗ることもあるようですが、高齢の両親にとっては自転車での走行も危なっかしく、よろけて転ぶと寝たきりになってしまいかねませんし、逆に歩行者にぶつかって損害賠償となっても困ります。

かといってバスなどの交通機関は良くて30分に1本。徒歩では、若者の足でも最寄り駅まで1時間近くかかりますから、毎回タクシーを呼ぶわけにもいきません。まさに年老いた両親にとって車は生活の糧です。

高齢者を対象にした安全装置の搭載や購入などには補助金制度もあるという話ですが、その助成金を申請する手順などについても、近くに家族のいない高齢者自身でどの程度スムーズに行えるのかというのも、ひとつ課題になるような気がします。

そんな不安を抱えていた最中に我が家で見つけたサービスが、 高齢者ドライバーの運転の見守りサービススマートドライブファミリーズ」でした。

スマートドライブファミリーズの魅力

例えば、ご両親と同居していても、年老いたお父さんが一人で車に乗って出かけたいときもありますよね。そういうときにも無事に運転できているか、事故など起こしていないかなどを自宅でハラハラしながら待つのは家族にも大きなストレスになってしまいます。

スマートドライブファミリーズ」は、車にデバイスを設置することで、車の現在位置などの運転情報を家族などが受信して把握することができる、というものなので、高齢のご両親が車で今どこを走っていて、どのような状態なのか、離れている家族にもリアルタイムでその情報を把握できるサービスなのです。

もちろん、ドライバーが走行中か停車中かなどのほか、病院やスーパーなど、その人がよく行く場所を登録しておけば、そこへ着いた時に家族がリアルタイムで通知を受け取れるようにすることも可能です。

スマートドライブファミリーズのサイトはこちらから↓↓↓

自分の運転操作についても診断が可能

さらに、高性能のセンサーで運転操作を計測してデータをアップロードするので、運転操作についての診断もできます。

どれくらいの距離や時間を運転したか、どのルートを通ったか、どんな運転だったのかなど、詳細に知ることができるので、 家族だけでなく 高齢者ドライバー自身も運転後にそのデータを見ながら、どの操作が悪いのか、どこで急操作があったのかを知ることができ、自分自身の運転技術についても家族と話し合ったり、自分で振り返って今後の運転について考え、家族が説得をするまでもなく本人が納得して免許返納することも望めます。

そうなれば、家族としても無理に免許を取り上げるような罪悪感も持たずに済みますので、気が楽になりますよね。

取り付けが簡単で価格も安い

これだけの優れた機能を持ちながら、車体への取り付け工事が不要で、車のアクセサリーソケットに挿入するだけで簡単に取り付けることができ、大掛かりな設置作業も必要ありません。工具や広い駐車スペースもいらないので、年齢問わず、誰でもすぐにご利用いただけます。

さらに 利用料金は他の運転見守りサービスのなかでも最安( ※ 株式会社スマートドライブ調べ )と非常に家計への負担も軽く、毎月2,480円(税別)と嬉しい定額サービス(サブスクリプション)で、 デバイスレンタル費も含まれています。

そのほか、契約に関する注意事項など詳しくはこちらのスマートドライブファミリーズのサイトからご確認ください。

高齢者ドライバーの事故を減らす

今は運転に自信がある方や、まだ大丈夫と思っているご家族でも、あらかじめ取り付けておけば、万一の状態になっても事故を防ぐことができるでしょう。

年々深刻化していく高齢者ドライバーの事故。加害者にも被害者にもなりたくないですよね。

安全装置を取り付けたり免許返納などの大掛かりな対策にはまだ早いように思っている方でも、簡単に実行できる方法で事故を防ぐことができれば、本人も家族も安心して生活できるようになります。この機会にぜひ検討してみてくださいね!

気になる方は今すぐスマートドライブファミリーズのホームページをチェック!

サービスカテゴリの最新記事