シルバーモンスター化する高齢者クレーマー

シルバーモンスター化する高齢者クレーマー

「シルバーモンスター」と呼ばれる高齢者のことが、たびたび話題になるようになりました。年を重ねて経験を積んだ高齢者であれば、物事に動じることなく常に冷静、そして寛容で穏やかで物腰の柔らかいひと、と思いたいところですが、実際にはそうとも限らないようです。年を取ってまるくなるどころか、ことあるごとに声を荒げて相手に不満を暴力的にうったえる高齢者クレーマーもいるのです。そのまさにモンスター化した高齢者について考えます。

シルバーモンスターとは?

「モンスターペアレント」というものが話題になったことがありました。今でもモンスターペアレントは問題ですが、これは自分の子どもがかわいいために周りが見えなくなり、自分勝手で一方的な要求をしてくる親で、学校や塾など主に教育現場に対する理不尽なクレーマーです。その無茶苦茶な様子を「モンスター」と称したわけですが、「シルバーモンスター」とはモンスターになった高齢者のことです。モンスターペアレントが、孫を思い過ぎて暴走する祖父母の場合もあります。

高齢化社会となった現在、第1次ベビーブームで誕生した世代、いわゆる団塊世代が人口的に大きな割合を占めています。この世代を中心とした高齢者の中に、自覚することなくモンスタークレーマーとなってしまっているひとがいます。
ひどい場合は暴力事件に発展することもあり、駅員への暴力件数や、病院における暴力件数を調べてみると、暴力をふるったひとたちの中の高齢者の割合が非常に高いのです。

シルバーモンスターの特徴とは?

前述したモンスターペアレントは、そのクレームのもとになっているのは我が子への過剰な愛情である場合がほとんどです。
しかしシルバーモンスターのクレームのもとになっているのは、自分の忠告・アドバイスで相手の悪いところを直してあげよう、もっとよくしてあげようという正義感と善意から来る一方的な説教であることが多いのです。シルバーモンスター化している本人は、自分のクレームが相手にとって役に立っていると思っているので、まったく悪気はないし正しい行動だと思っています。感情が高ぶって暴力的になってしまっても、正論だと思っているのでなかなかおさえることができないのです。

シルバーモンスター化するのは老化のせい?

当サイトでも取り上げた「老害」とも言えるシルバーモンスターですが、なぜそのような周りが対応に困るようなクレーマーになってしまうのでしょう?
ひとつは、老化した脳の機能低下が原因として考えられます。人間には感情の動きがあり、時には自分で抑えられないような怒りがこみ上げることもあります。そのような衝動をコントロールする理性をつかさどっているのが脳の「前頭葉」と呼ばれる部分です。この前頭葉が年齢とともに委縮して機能が低下してしまい、自分の感情がコントロールしにくくなってしまうのです。
また、いわゆる認知症の症状のあらわれである場合もあります。

シルバーモンスター化するのは孤独感のせい?

モンスタークレーマーには、現役時代に会社で重要な役職についていたり、専門家だったり、社会的地位の高かった知識人が多いようです。ですから基本的に優秀で博識なひとが多いのです。ところが年を取って現役を引退し、その能力を発揮できる場所がなく、周囲の人と同じ扱いをされ、称賛されることもなくなってしまうので、自分の存在価値が見いだせず居場所がないという孤独感を持っています。そして時間だけはたっぷりあるので、どこかで役に立ちたい、認められたい、未熟な若者を論破したい、尊敬されたいという思いが強くなり、理不尽なクレーマーとなってしまう場合があります。
ほかにも、一家の大黒柱として働いて稼いできた毎日が終わり、家の中で過ごすようになると、家事はできないしやることもないという昭和のお父さんが、昔ほどには重要視されなくなってしまった一家の主という立場で感じる疎外感も、モンスター化するひとつの要因になってしまうようです。

高齢者の現役時代の社会との違いも

また、高齢者は、日本が経済成長をしていたころの社会を生きています。ですから、その当時のサービスを経験しているのです。景気がよくなったとなかなか感じられないような今の日本の経済で、どの企業も昔と同じようなスタイルのサービスを低価格で提供することは不可能です。そのため、ターゲットを絞って価格にみあったサービスを提供して利益を得ているのに、その店の価格帯でできることを理解しないまま、それ以上のサービスを要求してしまうシルバーモンスターもいます。

お手本となる高齢者を目指して

「イマドキの若者は」などと言っている高齢者も、「イマドキの高齢者は」と思われているかもしれません。日本を支え続けてきた高齢者は尊敬されて当たり前と思わず、マナーを守り常に若者のお手本となるような言動を心掛けたいですね。そうすれば自然に若者に慕われるようになり、シルバーモンスター化することなく楽しい老後がおくれるのではないでしょうか。

予防・対策カテゴリの最新記事