老後のおひとり様を満喫する!独身を楽しむ高齢者の暮らし方

老後のおひとり様を満喫する!独身を楽しむ高齢者の暮らし方

独居老人は寂しいし何かと不安なのでは?と考えるひとは多いのではないでしょうか?具合が悪くなっても誰にも助けてもらえないし、孤独死なんていう言葉もちらつきます。確かに老後ひとりは課題も多いですが、夫婦で一緒でもいつかはどちらかが残されます。実は老後のおひとり様を楽しんでいるというひとも多いのです。そんな独身を楽しむ高齢者は、どのような暮らし方をしているのでしょうか?

老後にひとりになってしまうのは?

少し前の日本では3世代同居も多く、長男が両親と一緒に住み、専業主婦をしているお嫁さんが年老いた両親の面倒を見る、というようなスタイルがよく見られました。しかし核家族化がすすみ、子どもの数も減って、仕事の都合で遠方に住んでいれば両親の面倒も見ることができませんし、お嫁さんも自分の実の親を介護する兄弟がいないと実家に通うことが多くなる場合もあります。
また最近よく使われるようになった言葉「熟年離婚」の例もあり、経済的に自立できる妻が増えて離婚も増えています。
仲の良い夫婦であっても、どちらかが亡くなると、残された方は長生きしてずっと独身生活をおくることになるパターンもあります。

老後のひとり暮らしは実は満足度が高い

さて、実際ひとり暮らしをしている高齢者は、その生活をどう考えているのでしょうか?
内閣府の調査によると、実はその7割以上の人が今のままひとり暮らしでよい、と考えていることがわかりました。そして、満足度も高く幸せと感じている高齢者の方が、そう思わない高齢者より多いのです。もし介護が必要になったとしても、子どもを頼らず公的なサービスを利用したいと考えるひとが多くなっています。

老後に誰かと暮らすストレス

歳を重ねると、誰でも若いときと同じようには生活できません。ですからある程度自分のペースで、自分のやりやすいように生活したいのです。しかし誰かと一緒に暮らすとなればそうはいきません。お互いに気遣うことが、いい意味での緊張になればいいことですが、ストレスになってしまったら苦痛ですよね。

ひとり暮らしならルール無し

その点、ひとり暮らしであれば暮らしの決まりはありません。朝から晩までまったく自由です。この「自由」であることが大きなメリットです。パジャマのままで過ごそうが、何をいつ食べようが、どんなテレビを見ようが、自分の好きにできるのです。

多趣味のおひとり様は楽しい

ひとり暮らしを満喫している高齢者の多くは多趣味です。どんなことでもいいのです。その趣味のための買い物で外出したり、趣味のサークルに参加したり、趣味のための情報集めや勉強をしたり、行動範囲が広がります
映画やテレビを見たり読書をすることも、感動したりドキドキしたり泣いたり笑ったり、ストレス解消にもなり元気になれるでしょう。
ゲームで勝負すれば頭も体も使うし、ペットや植物を育てれば癒されるうえに、育てるためにがんばれます。
編み物やお裁縫、工作など指先を使うものもおすすめです。段取りを考える料理も、認知症予防に効果的です。「大人のぬりえ」も話題になりましたね。
ひとり旅で各地をめぐるのもすてきです。昔は女性のひとり旅はホテル側に敬遠されましたが、最近は増えているので大丈夫ですよ。
若いころに好きだったことを思い出してまたやってみるのも楽しいですね。

誰かとつながる

自由なひとり暮らしがいいというひとでも、誰かひとりでもなんでも話せるひとがいると、満足度はさらに上がります
そして「誰かの役に立っている」と実感することができれば、生きがいができて毎日に張りが出ます。
昔は地域活動というと女性が多かったのですが、最近は男性も参加するひとが増えているようです。男性の場合は特に、退職して自分の力を役立てられる場がなくなったことで張り合いがなくなってしまうひとが多いですから、地域活動で住人の役に立てられれば、新たな生きがいになるかもしれません。
子どもと同居している高齢者がもつ不満の中に、孫の世話をしたり家事を手伝っても何も感謝されない、というものが多く上がります。もちろん、感謝されるためにやっているわけではないのでしょうが、役立てたと感じることと「ありがとう」と言ってもらえることが、大きな喜びになることは間違いありません

ひとり暮らしで心配なことは

それでもひとり暮らしだと万が一のことが心配です。
当サイトでも紹介しましたが、離れて暮らす家族がひとり暮らしの高齢者を見守れるサービスを利用しているご家族もいます。また、とっている新聞の会社に、「もし2日分新聞がたまっていたら警察に連絡して」と頼んでいるという高齢者もいました。

老後のひとり暮らしを楽しもう

退職して仕事にも行かないしひとり暮らし。
ということは自由に自分のやりたいことができるということです。自分が楽しいと思えることを思いっきりしてみましょう。

人間関係カテゴリの最新記事