老眼を改善する!視力回復に効果のある方法まとめ

老眼を改善する!視力回復に効果のある方法まとめ

高齢者の目の衰えである老眼は、中高年の40代から始まります。老眼は眼精疲労の原因ともなり、目そのものだけでなく体の不調にもつながります。そして最近は若い人でもスマホ老眼などと言われる目の不調を訴えるようになりました。目を酷使することの多い現代、老眼の予防はできないのでしょうか?また、視力回復はできるのでしょうか?今回は老眼の改善方法についてまとめました。

なぜ老眼になる?

目でものを見るときピントを合わせているのは、目の中の水晶体です。カメラで言えばレンズにあたります。この水晶体のまわりの毛様体筋が伸び縮みをして水晶体の厚みを変え、ピント調節をしています。
しかし、老化に伴い水晶体は硬くなり、毛様体筋も衰えてきます。そしてピント調節がうまくできなくなったのが老眼です。老眼は老化による生理現象で誰でも起きるものです。病気ではなく、残念ですが老眼そのものを治すことはできません。老眼鏡や遠近両用コンタクトなどで矯正します。

老眼をそのままにしておくとどうなる?

見えにくいのをそのままにしているので、見えるように姿勢が崩れたり目を凝らしたりして、目も体も疲れてきます。疲れ目程度であれば休めば治りますが、悪化すれば眼精疲労となり、目がかすむ・充血する・痛い・涙が出るなどのほかに、頭痛・肩こり・倦怠感・吐き気などの症状が出ます。

老眼の初期症状は?

近くや細かいものが見づらくなり、薄暗くなってくると字が読みにくくなります。
また、ピントがすぐに合わなくなってきて、近くを見ていたところから急に遠くを見ると、しばらく見ていないとピントが合わないというような状態になります。
老眼かもしれないと感じたら、眼科医を受診しましょう。そして自分にあったメガネの処方など、適切な対処と診断をしてもらってください。場合によっては老眼以外の病気があるかもしれません。

老眼の予防方法は?

スマホ・パソコンは休憩を入れて

目の使い過ぎには注意です。特にスマホやパソコンは、知らず知らずのうちにまばたきが減りドライアイになることもあります。また、寝る前の使用で熟睡できずに睡眠不足になります。特にスマホはスマホ老眼があるように、近くをずっと見続けることにより目の筋肉が固くなってしまい、うまくピント調節ができなくなってしまいます。適度に休憩を入れて目を休めましょう。ブルーライトをカットするのもおすすめです。

UVカットグッズを使う

前述の水晶体が固くなってしまう原因のひとつとされているのが、目に入る紫外線です。子どもにもサングラスをかけさせている国もあります。紫外線を減らすUVカット機能のあるサングラスや帽子を利用しましょう。

目に良い食べ物やサプリをとる

基本的にはバランスの良い食事をとることですが、そこにさらに目に良いと言われる栄養をプラスします。緑黄色野菜に含まれるルテイン、ビルベリーやブルーベリーに含まれるアントシアニン、豚肉や玄米に多いビタミンB1、野菜や果物に含まれるビタミンC、鮭やイクラに多いアスタキサンチンなどです。

目を温める

本来目には水分と油分が分泌されているのですが、まぶたが冷えていると油分が固まって詰まってしまい分泌されません。そして目が乾きやすくなります。温めることで油分が分泌され、血行も良くなり筋肉もほぐれます

老眼の改善方法は?

高齢者の老眼は誰でもなるもので、基本的には治療できませんが、それでも老眼を改善し視力回復につながると考えられている方法があります。
それは目の筋トレとか目のストレッチと呼ばれているものです。

まばたきで筋肉をほぐす

目を強めにギュッと閉じてパッと開くを繰り返します。それぞれの動作は2秒キープします。目をぐるぐるまわすのも筋肉がほぐれて効果的です。

近くと遠くを交互に見る

近くと遠くを交互に見て、ピント調節の筋肉を鍛えます。腕を伸ばして指の先を2秒ほど見てから、その延長上の遠くを2秒ほど見てまた指先を見る、を繰り返します。
某テレビ番組で紹介されていたおすすめの方法はキャッチボール。近くから遠くに飛んでいくボールを目で追い、次に相手から自分のところへ(遠くから近くに)飛んでくるボールを目で追う、という運動がまさに目の筋肉のストレッチにぴったりなんだそうですよ。

目に合ったメガネをかける

眼精疲労を防ぐためにも、自分の老眼の度合いに合ったメガネを眼科で処方してもらいましょう。

老眼は眼科での定期検査が大切

老眼は病気ではないとはいえ、固くなった水晶体がさらに悪化すると白内障になりますし、老眼の影に緑内障などほかの病気が隠れている場合もあります。
そして、中高年から始まる老眼は65歳くらいまで進行していきますから、途中でメガネも作り替えましょう。

健康カテゴリの最新記事