空き巣被害に遭わないための防犯意識と安全対策

空き巣被害に遭わないための防犯意識と安全対策

全国で発生している空き巣被害は、年間で数万件にのぼります。空き巣の犯人がいったいどうやって侵入するのかを知って、被害に遭わないための対策をすることが大切です。戸建てなのかマンションなのかでも状況は違ってくるでしょう。庭など外構計画においても防犯対策を考慮する必要があります。特にひとり暮らしの高齢者は不安ですね。防犯グッズなども取り入れて、空き巣対策をしましょう。

空き巣はどうやって侵入する?

空き巣は侵入前に下見をする場合が多いようです。不在がちの家や女性だけの家、高齢者だけの家と家族構成を確かめたり、不在時間を調べています。毎日の習慣もチェックされていて、ゴミ出しや洗濯物を干すなどほんのちょっとの間だけで鍵を閉めていなかったドアから侵入されることもあります。
実際に空き巣被害に遭った例の半分が鍵がかかっていないところからの侵入です。次に多いのがガラスを割っての侵入です。

マンションやアパートの空き巣対策

マンションやアパートでありがちなのが、高層階の部屋だから窓を開けておいても空き巣は入らないだろうと考えることです。
しかし実際には高層マンションの最上階でも窓から侵入された例があります。1度屋上に上ってから最上階のベランダに下りたり、配管をよじのぼったり、非常階段をつたってなどと2階3階ならいとも簡単に、タワーマンションの高層階であったとしても狙われるのです。侵入に成功すれば、かえって高層であるために人目につきにくく、ベランダをつたって何件も移動できます。

マンションでの防犯意識

  • 高層階でも窓を開けたまま外出しない
  • 高層階でものぞき見をされることがあるのでカーテンを
  • オートロックは侵入される場合もあると考えて過信しない

マンション選びで気にする安全対策

  • 外壁周囲に足場になりそうなものはないか
  • 植栽は適切に手入れされているか
  • 高い塀で囲われているなど見通しが悪くなっていないか
  • 防犯カメラ、防犯ライトなどの対策がされているか
  • 玄関や窓に補助錠があるか

[itemlink post_id=”539″]

戸建て住宅の空き巣対策

窓を割って入ろうとする空き巣の画像

戸建ての場合は、マンションより施錠忘れは減り、窓ガラスを割っての侵入件数が増えます。
留守かどうか確認するためにインターホンを押したり、番号がわかれば電話することもあります。洗濯物の有無や夜に部屋が明るいか、郵便物がたまっていないかなども見られています。
また、庭の状態も関係します。植栽が伸びていたり高い塀で囲まれていると、空き巣がガラスを破る間隠れることができてしまいます。砂利敷きの庭だと、侵入すると音が鳴るため防犯に役立ちます。

留守だと知らせないための対策

  • 長期外出の場合は新聞は止めるなど郵便受けを空に
  • 中が見えにくいレースのミラーカーテンを利用する
  • 留守電メッセージを「留守」ではなく「防犯対策のため留守電設定にしています」などにする
  • 録画機能付きのインターホンにする
  • 遅い帰宅になりそうな日は洗濯物は部屋干しに
  • 夜になると部屋の明かりがつくタイマーなど防犯グッズを使う

侵入を防ぐための対策

  • 窓に防犯フィルムを貼り、補助錠をつける
  • 庭に足場になるものを置かない
  • 玄関の鍵をピッキングしにくいものに変えたり二重に鍵をつける
  • 庭の塀は低くして植木も剪定する
  • 人感センサーの防犯ライトをつける
  • 庭に砂利を敷く
  • 防犯カメラやセキュリティ会社の利用
  • 番犬を飼う

[itemlink post_id=”541″]

防犯グッズを利用する

セキュリティ会社で取り付けてくれる防犯グッズは高価ですが、ホームセンターなどで比較的気軽に利用できる防犯グッズを使うのもいいでしょう。ひとつひとつは大きな効果がのぞめなくても、いくつか使っていることを空き巣にアピールし、空き巣対策をしている家だと思わせることが大事です。

ねらわれやすい高齢者の防犯

比較的非力な高齢者や女性は、さらに注意が必要です。
ひとり暮らしであればなおさらです。
昔ながらの男性物の下着を干すというのも手でしょう。また、帰宅したときに家の中に向かって「ただいま」を言う、ラジオやテレビをつけて音を出すなどひとり暮らしではないと思わせるのも防犯対策になります。実際には飼っていなくても、玄関に犬注意のシールを貼るのもお手軽にできます。
インターホンが鳴っても、すぐ玄関を開けるのは危険です。モニターやドアスコープで相手を確認して、開ける場合はドアチェーンをかけたまま開ける方が安心です。最近ではスーツ姿の空き巣もいますし、服装など身なりだけでは信用してはいけません。

[itemlink post_id=”544″]

空き巣などの防犯意識と安全対策はしっかりと

これから夏になり、窓を開けたままにする日もあるかと思います。高いところにある小さな窓だから大丈夫と思わず、戸締りと防犯対策は忘れずに、被害に遭わない家にしましょう。

防犯カテゴリの最新記事