オレオレ詐欺や振り込め詐欺に遭わないための防犯対策

オレオレ詐欺や振り込め詐欺に遭わないための防犯対策

「オレオレ詐欺」という言葉が使われるようになってだいぶ経ちますが、詐欺の種類も増え、手口も巧妙になってなかなか被害がなくなりません。特に高齢者が狙われがちですが、分別のつきそうな中高年でも詐欺と見抜くことが出来ずに被害にあっています。そんな詐欺対策の防犯グッズも出てきました。様々な詐欺に関するニュースを聞いて不安な高齢者も多くいらっしゃることでしょう。今回は詐欺に遭わないための防犯対策を考えます。

詐欺の状況

振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害は、警察庁の発表によると減ってきてはいますがまだまだ多く、その大半は自分はだまされないと思っていたひとが被害者になっています。
子どもや孫のフリをして電話をしてくるいわゆる「オレオレ詐欺」や、架空請求詐欺、還付金詐欺などのほか、災害の後に寄付金をかたった詐欺や、令和元年になったことでカード変更が必要などとだます詐欺など、種類や手口が多様で巧妙になっています。

詐欺の種類と手口

オレオレ詐欺

子どもや孫のフリをして電話をかけてきます。番号が違うのは携帯を変えたと言い、声の違いは風邪をひいたなどとごまかします。番号が変わったことを信じ込ませるために、まず先に番号が変わったと知らせる電話だけをしておいて、後日改めてお金を振り込むように要求する電話をかけてくることもあります。
事故を起こしてお金が必要になった、借金の保証人になって返済を迫られているなどと言って助けを乞います。
子どもなどではなく、弁護士や警察だと名乗って、電話を受けた人が不安になるようなことを何人もが入れ代わり立ち代わり登場してだましてくる手口もあります。
お金の受け取りは現金振込だけでなく、直接受け取りに来たり、プリペイドカードを買わせたり、郵送させるという手口もありました。

金融商品などの取引の詐欺

投資や商品購入の案内を送ってきて、必ずもうかるなどと信じ込ませてお金をだましとる詐欺です。
それに関連して名義だけ貸してほしいと頼み、その後に名義貸しは違法だと言ってきてお金を取る手口もあります。

架空請求詐欺

他人には相談しにくいようなアダルトサイトなどからの料金未納を告げてきて、払わなければ訴訟手続きをとるとか差し押さえをするなどと言ってお金をだまし取ります。中にはそのトラブルを解決する弁護士だと名乗って料金を請求してくる手口もあります。
パソコンの画面に警告音付きのウイルス感染警告の画面を表示してきて、早く手を打たないとパソコンデータが使えなくなるなどとあせらせてあるURLのクリックを促し、ウイルス駆除代を請求する詐欺もあります。もちろん感染は嘘です。

詐欺に遭わないために

電話機の画像

まずは家族内で普段から電話での合言葉を決めておくのがおすすめです。あやしい相手には合言葉を言ってもらいましょう。番号が変わったと言われても、元の番号にかけなおして確認します。
「絶対にもうかる話」は絶対にないと思いましょう。また、カードを預かる、暗証番号を聞く、ということをする警察や弁護士、銀行員は絶対にいません
覚えのない請求は無視します。覚えがないけどもしかしたら利用したかもと不安な場合は、#9110に電話して相談できます。各地の警察でも相談にのってくれます。
高齢者がだまされがちなATMでの還付金詐欺もありますが、ATMで還付金を受け取ることはありません

留守番電話利用が詐欺対策として有効

電話が使われることの多い特殊詐欺では、まず電話に出ないことが一番の対策です。
ナンバーディスプレイのサービスを利用すれば、知り合いからの電話は区別がつきますので、知らない相手からの電話には出ません。しかし、前述のように番号が変わったとだます手口もありますから、常に留守電に設定しておいて、知り合いには録音してもらうのがいいでしょう。犯人はまず自分の声を残そうとはしません。電話相手に録音していると警告する案内を流すなど防犯機能のある電話もあります。電話の近くで注意を呼び掛けてくれるという防犯グッズも出てきました。

詐欺への新しい対策

最近、総務省と警察庁が詐欺に対する新しい対策として固定電話の番号の利用が停止できるルールを作るというニュースがありました。
今までも携帯電話の番号は停止できたのですが、固定電話は生活上必要なものとして停止措置はとられていませんでした。
しかし、詐欺電話の8割が固定電話の番号からのものであり、携帯電話からであっても固定電話からのように相手に通知するサービスの悪用もあって、今回の新対策がとられることとなりました。
今後は、通信事業者は警察の要請があれば詐欺利用されている固定電話の番号の利用を停止できるようになります。

自分は詐欺にあわないと思わない

高齢者だけでなく中高年でもだまされてしまう特殊詐欺。
特に電話での耳元へ直接届く声には影響を受けやすいのだとNHKの番組ガッテン!でも紹介されていました。同番組で、留守電対応にためらいがある人は、オリジナル応対メッセージを録音して防犯対策で留守電にしてますと相手にお断りするのもおすすめと紹介していましたよ。効果の高い留守電対策、今すぐ設定してみませんか?

防犯カテゴリの最新記事